売掛金回収は経営を左右する

売掛金を確実に回収することは、経営を安定的に続けるために不可欠です。掛け売りは取引先との信頼関係あってこそ成り立つものですが、入金の遅れや、取引先の経営不振などにより、期日通り回収できない場合もあり、こういった場合にも確実に売掛金回収できるかどうかが経営者の悩みではないでしょうか。売掛金回収ができないことは、中小企業の日々の資金繰りを悪化させ、最悪の場合、黒字経営なのに倒産するという結果をもたらすことも、決して珍しいことではありません。まさに経営を左右する一大事なのです。

売掛金を取引先が支払わない場合、その理由によって取るべき手段が異なります。したがって、その理由を見極めることが最初です。本サイトでは、(1)相手方があえて払わないケース、(2)相手方が支払えないケース、(3)取引先が倒産したケース、大きく分けてこの3つのケースを想定してポイントを説明します。

いずれのケースであっても、当事者間での話し合いで解決できればよいですが、往々にして難しいものです。法的手続きも視野に迅速に進めることが肝要ですが、その際、債権回収事件に関する知識経験豊富な弁護士に依頼することが解決に近づく方法だと考えます。法律上の知識を駆使して、相手方に支払いを督促することはもちろんのこと、財産状態や資金繰りの状態を正確に見極め、それに応じた条件提示や、場合によっては財産保全を理論武装した形で進めることが必要だからです。