売掛金を払えないケース

相手方が資金繰りの悪化などが理由で支払えないケースでは、交渉はあまり意味をなさないです。調停も無駄ですし、内容証明郵便で督促しても、おそらく他の債権者も同じことをしていると思われますので、売掛金の確実な回収には程遠いです。このような場合は、ただちに訴訟や仮処分・仮差押の手続きを検討します。財産がない場合は実効性があるかどうかという問題はありますが、相手への心理的プレッシャーを与え、少しずつ回収を図るしかないでしょう。

払いたくても払えない状況の際たるものが、取引先の倒産です。この場合売掛金の回収は相当困難といえます。破産手続きに入った場合、裁判所が選任する破産管財人が破産者の債権を債権者に平等に配当してくれますが、配当ゼロの場合も珍しくなく、ほぼこの段階で完全な回収は不可能と判断し、一円でも多く回収するよう努力すべきです。

まずやるべきことは納品済みの商品の確認です。まだあるなら引き上げに努めるべきですが、勝手に持ち出すのは犯罪に当たる可能性がありますので、会社や商品保管場所の管理者等、相手方の同意を書面でもらって商品を引き上げるなど慎重な対応が必要です。商品すなわち相手方に売り渡した動産の売掛金が未払いの場合、ここから優先的に代金を回収しうる先取特権が民法上認められるなど、可能性は残っていますので、弁護士の協力を得て、あらゆる手を尽くし、売掛金の回収を図りましょう。